Staff Blog

こんにちは。

ウェルスの松平さえ子です。

皆さんは、無添加と聞いてどのようなものだと思うのでしょう。

天然由来成分?合成の成分が入っていない物?

「天然」「植物由来」「安全」「無添加」という言葉が入っていると、

イメージがよいですよね?

化粧品でいう無添加とは、実は

鉱物油、合成着色料、合成香料、防腐剤、
石油系合成界面活性剤の

いづれか1つを配合していなければ、

「無添加」といえるんです。

これにはちょっと驚きませんか?

またオーガニック化粧品とは、

農薬や化学肥料を使用せずに育った植物を使ったものの事をいいますが、

「どのくらい有機栽培されたものを配合されればオーガニック化粧品」と呼べるかというと、

国や団体により違います。

日本にはその基準がなく

海外の基準をもとに販売されています。

オーガニックと言われていても

100%オーガニックでできているわけではないんですよ。

無添加化粧品も、

明確な基準がなく、

旧指定成分を一つでも配合されていなければ、

「無添加化粧品」として販売できます。

旧指定表示成分とは、アレルギーを起こす可能性のある成分ですが、先に挙げた

鉱物油、合成着色料、合成香料、

石油系界面活性剤などですが、

今も多くのコスメに配合されているのが現状です。

また、石油系界面活性剤でなく、自然由来であっても、肌の皮脂膜にダメージを与えることに違いはありません。

無添加=安全

オーガニック=安全

という考えはどうなのでしょう。

サルーテ・サエコはプロトンイオン水を基調としているから、

化学物質を全く使用しなくても化粧品として成立しています。

それでも、100パーセントアレルギーが起きないかといえば、

そうではありません。

製品の特性上

温泉にアレルギーを起こす方や、酸性に敏感な方はお使い頂けません。

化学物質が入っていても効けばいいのよ!

と、おっしゃる方もいます。

価値観は人それぞれですね。

でも、分かっていて選ぶのと、

肌に良さそうとイメージで選ぶのとでは

全く違います。

今日は「無添加」「オーガニック」という言葉に惑わされない

化粧品選びをして欲しいと思いお伝えさせて頂きました。

最後までお読みくださいまして

ありがとうございました。


___________________________________________________

いつわりのない無添加スキンケア 株式会社ウェルス
代表取締役 松平さえ子

フリーダイヤル 0120-17-9012(平日9:00~17:00)
WEBサイト https://wealthbeauty.jp