Staff Blog

こんにちは!

ウェルス代表松平さえ子です。

私たち女性はキラキラ光る夜景や

ダイヤモンド

お花などキレイなものが好きですね。

男性より

美しいものに心を奪われることが多い女性ですが

なんと、

網膜に秘密があるらしいのですよ。

男性の網膜は女性の網膜よりも

厚いのだそうです。

さらに

網膜の厚い男性はM細胞が多く、

女性はP細胞が多いのです。

M細胞は動きや方向の情報を集め、

P細胞は色や質感の情報を集めるのが役割だという事で

網膜の細胞にP細胞が多い女性が

彩の美しいお花やキラキラのジュエリー

かわいいスイーツを前にすると

心が幸せで満たされる事にも納得ですね!

子供の頃から男の子は車など動くおもちゃに興味を示し

女の子は綺麗なお人形にうっとりするのも

細胞レベルの事だったのです。

また、美しいものを眺めたり

囲まれたりしていると

女性ホルモンも活発になります。

女性ホルモンであるエストロゲンは

幸福ホルモンともいわれており、

ストレスがエストロゲンを減少させます。

そして
ストレスが発散されると

エストロゲンがたくさん分泌されるようになります。

ですから、

女性は色とりどりのお花を選んだり

美しいジュエリーを身につけたり

キレイなネイルを指先に施すなど、

癒されることがとてもとても大事なのです。

美しいものを見たり、触れたりする事で

エストロゲンが活発に分泌され

心が穏やかになり、

余裕が生まれてきます。

エストロゲンの効果は他にもあり、

美容効果、記憶力アップ、自己概念を高める、

対応が柔軟になる、

表情が明るく穏やかになるなど

色々あり

女性が美しいものを好きでいるメリットは

たくさんあるのだと思います。

今回は、網膜細胞のお話から始まったので

視覚からの情報をお伝えしましたが

5感を満たすこと…

美しい絵画を見る

好きな音楽を聴く

良い香りの香水を纏う

美味しいお料理を味わう

肌触りの良いリネンで眠るなど

良い時間を持つことを意識して

自分の心を整えることが

女性が美しく健康でいられる秘訣ではないでしょうか。

今日も最後までお読み下さり

ありがとうございます♡