Staff Blog

皆様こんにちは。

今日は肌荒れについてお話します。

肌荒れがどうして起こるのか…それはターンオーバーが正常に行われているかどうかが大きなポイントになっています。

肌表面は角質層で覆われています。

角質層は肌の水分を保ち、外部の刺激や異物の侵入から肌を守るバリアにもなる大切な部分です。

ターンオーバーは約28日周期が正常と言われ、その肌の生まれ変わりが正常かどうかで、美肌であるか、そうでないかが左右されます。

生まれ変わりの周期が長くても、短くても、水分保持や、バリア機能が低下し、肌荒れを起こしやすくするのです。

周期が長くなった場合は、古い角質が肌表面に溜まり、感想やくすみの原因となります。

逆に短くなるのは、日焼けなどの外的要因などにより強いダメージを受けた場合、肌は早くダメージを修復しようと、細胞が未熟なうちに肌の表面に押し上げます。

そのため、肌めくれなど肌荒れを起こした状態になるのです。

ターンオーバーが正常に行われていると、いつでも健やかな美肌でいられるというわけです。

私も、サルーテ・サエコを使うまで、乾燥と肌荒れにたいへん悩まされました。

何を使ってもバリバリゴワゴワの乾燥が止まらず、泣きたい気持ちで過ごしていました。

でも、プロトンイオン水との出会いが乾燥の恐怖から解放してくれました。

敏感肌の方は特にだと思いますが、年齢を重ねるに従い、ターンオーバーの周期がながくなりがちで、乾燥も進みますね。

何を使っても乾燥して…というお声をよく耳にします。

そのような方は、是非1度サルーテ・サエコをお試しになってみてくださいませ。

 

長くなりました。今日も最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。