Staff Blog

明治時代、
紡績工場で繭から糸を紡ぐ作業は、

熱湯と冷水を使う過酷なものだったのにもかかわらず、

工女さんたちの手は白く美しかったとか…
それはシルクに含まれるたんぱく質が、
肌の水分を保持し、
くすみを取り除いてキメを整えていたから。

サルーテ・サエコの
ピュアシルク・モイスチャーミストには
純国産シルクから抽出したナノフィブロインが配合されています。

現在、
国産のシルクは流通しているシルクのわずか1%です。
シルクはセリシンと
ナノフィブロインの2種類のたんぱく質で構成されています。
独自製法により
不純物が付着しやすいセリシンを
取り除き、
純粋なたんぱく質である
フィブロインをナノレベルで抽出しました。
昔ながらの美肌成分である
シルクですが、

こだわりの技術で抽出した
フィブロインを

さらにパウダーにして配合することで、

安全性も、親和性も高く優しい化粧品が誕生しました。
科学の追求から生まれたプロトンイオン水

昔から日本女性の美肌を支えてきたシルク
この二つの成分がphバランスを保ち

脂性肌の人も、乾燥肌の人も、

健やかで潤いのあるお肌に導くのです。

今日も最後まで読んでくださいまして

ありがとうございました(^^)